改善することは、必ず反対や邪魔が入るもの

転職・新卒の企画の提案を私が企業側にすることが多いのですが、皆さんはなさっていますか。

特に労働環境の改善の時に、上司や周りから反対されたり、どうして、やらないといけないの・・・なんて言われませんか。

改善することは、必ず反対や邪魔が入る物です。

新しいことに対する拒否感ですね。

しかーし、そんなことで怯んでいては、改革なんて出来ません。

徹底して、学んで、徹底して社内の問題点をピックアップして、会社のためには、必要なことだと決めたら、信念を曲げないことです。

その上で、手法として、上司や同僚の性格を良く理解しているはずですから、どのようにすれば、理解してくれるか、動いてくれるか、協力してくれるか。

根回ししましょう。

それから、一斉に改善すべきは動くことです。

最終の到達点を明確に示して、

何時までに新体制で動いていくかを提示してあげてください。

労務士には、今年やるべきことと、問題点。

弁護士には、私の考えと、変更したい内容と、前例があるか無いかと、可能性はあるか。フル活用して、専門家を使います。

やるべことを明確にして、解決して行きましょう。

お手伝いいたしますから、お気軽にお声掛けください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学ぶだけでは意味がない。
実務で活かし成果を出して初めて意味があります。
会社を、パワーあふれる組織にしましょう!

--------------------------------------------------

<< 強い企業を作る実務隊 >>
萬・COI - ヨロズドントコイ -
ウェブサイト:http://ycoi.jp/

代表 坂本勝章

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Comments are closed.