管理監督者の要件とはそれなりの権限委譲すべき

管理監督者の要件とは、以下の要件を実態として満たしていることです。

  1. 店舗だけではなく、会社全体の人事権があること。
  2. 自己の業務について、裁量権があり出退勤の規制がないこと。
  3. 相応しい賃金面の処遇を受けていること。

一店舗の店長というだけでは、行政は理解しないですし認められません。

要するに、本当にその立場で仕事をさせるならば、それなりの権限委譲すべきなのです。

賃金に関しては、部下が残業して得られる金額に劣らないことです。

適正な金額は、直下の部下の残業の平均値以上の上乗せが必要ですね。

しかし、想定以上の残業があるならば、この部分を見直してみませんか。

そんなのは、不可能だと考えずに無駄をなくしていく可能です。

一般企業にとっても必要な対策です。

法律が改訂されても、問題ない管理をしておけば慌てなくて良いのです。

実際に、改訂どおりに労務管理しようとすると、大変に煩雑ですし、各企業の管理部門がパニックになる可能性もあります。

その前に、一つひとつ出来るところから見直しましょう。

各社で平均何時間残業しているか、一番多いのは誰で何時間か。

それは、どのような仕事をしているのかなどです。

先ずは、そこからです。

やってみてください、意外と驚く数字が出てくるはずです。

その時間によっては、管理監督者だけではなく、他の問題も解決が必要ですから、

必ずですよ。その後は、ご意見をいただければ具体的にアドバイスしますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学ぶだけでは意味がない。
実務で活かし成果を出して初めて意味があります。
会社を、パワーあふれる組織にしましょう!

--------------------------------------------------

<< 強い企業を作る実務隊 >>
萬・COI - ヨロズドントコイ -
ウェブサイト:http://ycoi.jp/

代表 坂本勝章

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Comments are closed.