マイナンバー制度の実務ポイント

2015年11月20日update!!
パチンコホール経営企業の実務担当者向け【マイナンバー制度対策】の無料動画

【マイナンバー制度の実務ポイント】

経営者の方、実務の責任者の方は、セミナーなどに参加されているかと思いますが、今年中にやるべき準備は済んでいますか?

企業としての今回の法改正はやらないといけないことであり、企業判断で決めることではないことを理解しておいてくださいね。
それでは、準備することを明確に掲載しますね。
分からない時や、詳細はお問い合わせくださいね。

平成28年1月より行政正式名称
「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用に関する法律」が一部が実施されます。
平成29年1月には、全面実施となります。
そして平成30年以降は、さらに適用を拡大していくことが確定しています。

事前準備
いくつかありますが、会社としてどのように取り組むかですね。
組織としての対策をどのようにするか?
従業員への周知徹底はどうするのか?
就業規則は、何をポイントに考えればよいのか?

番号の管理や、廃棄や、取扱い担当者や、管理方法など、
10月までに、法の目的を明確に理解して、書面で告知、説明、提出手順と書式など。
遅くとも8月中には準備を完了して、9月には社内への周知を開始して行かなければ、10月より順次ナンバーが、個人に届きますので急いでください。

そして、想定される問題点も抽出しておき、その時にはどのように対応すべきかまで考えてください。
今必要なのは、企業としては何をしておくべきか。
実務隊としては、どのような書面を準備すべきか。
経営者の方は、労務管理の有り方を明確にしていくべき時ですね。

実務に必要なことは、全部対応いたしますので弊社にお問い合わせください。
今回の、マイナンバーを漏らしたり、流失に関しては法的な罰則がかなり厳しいですので、縦割り行政ですが、企業は他の法律との関係(横の繋がり)も見ておかなければ、関連することが多くありますので、しっかり対策を検討しておかないと、想定以上の問題となる大きな改定ですからね。

Comments are closed.