ストレスチェック制度とは?

これは、平成26年6月25日に公布された、労働安全衛生法の一部改定に基づくもので、ストレスチェックと面接指導を義務つけたものです。

●年一回の実施
●50人以上の事業所単位(50人以下は努力義務)
●従業員への自らのストレスへの気付きがポイント。
●医師などの面接を促すことで、不調を未然に防ぐことが目的。

調査票には、
1.仕事のストレス要因
2.心身のストレス要因
3.周囲のサポート
これらの3領域を判定していく。

実施者
医療関係者となります。
産業医や保健師及び一定の研修を受けた、看護師・精神保健福祉士等が、ストレスチェックの実施者となります。

実施者と、各事業所の安全衛生委員会との事前打ち合わせが、非常に重要ですので、キチンと学んでおきましょうね。
安全衛生委員会って?皆様は、ご相談くださいね。

50人以上の事業所との人数はどのように判断するかと言いますと。
派遣やパートなどその事業所で働いている方すべてを、カウントするようです。
正し、費用等は会社と派遣企業様の雇用している方のみで問題はありませんが、話し合いが必要ですね。事業所単位の分析結果を出すことが必要なので、受験できるような話を進めることが望ましいですね。

個人の結果は、本人が希望しない限りには企業側への報告はできませんが、実施者からの、分析結果は報告されますし、医師による面接希望者があれば、会社が受診させなければなりませんので、実施者との情報共有と打合せが重要なポイントになります。

その他、労務管理の対策はまだまだ必要ですので、どうぞお問い合わせください。

Comments are closed.